まち歩き会「谷仲山・川辺堀之内方面を訪ねて」(第69弾) <終了>

 3月26日(土)、日野宿発見隊第69弾まち歩き会を開催しました。
 参加者は応募者9名とスタッフ7名、現地解説者は谷富二さん、谷正幸さん、伊藤稔さん。

 日野図書館を出発した午前9時頃はちょっと肌寒かったものの、コースの後半には日差しも
出てきて、ほころび始めた桜の花をめでながら、確かな春の訪れを感じた半日でした。

 今回のコースは谷仲山から川辺堀之内方面でした。
 神明社までは日野宿発見隊で展示している写真を見ながら、この地域の変化を学びました。
 神明社では満開のコブシの下にニリンソウが咲きだしていました。

 この後、用水沿いに歩いて谷戸地区に。
 ここから谷戸の古老、今年米寿を迎える谷富二さんからお話を聞きました。
 谷さんは日頃から精力的に活動されているだけに、結局、川辺堀之内まで同行していただき、
地元についての興味あるお話をしていただきました。
 足腰が弱ったなどと言われていましたが、まったくその言葉とは違いその健脚ぶりに参加者
一同脱帽でした。 

    machiaruki2016326-01.jpg    machiaruki2016326-03.jpg   
      講中の鉦などを解説してくださる          谷正幸さん宅にて
          谷富二さん               分銅やのこぎりなどの古道具

 川辺堀之内では地元の伊藤稔さんから延命寺と日枝神社について、説明してもらいました。
 日枝神社のムクノキは樹齢300年以上ともあり圧巻でした。
 面白かったのは幹のなかほどにヤドリギのように、ビワの木が育っていたことでした。
 
 無事予定通り進み、井上カメラマンに記念写真を撮ってもらい、ここで解散となりました。

             machiaruki2016326-02.jpg        machiaruki2016326-05.jpg  
               伊藤稔さん          川辺堀之内のケヤキの古木  

      machiaruki2016326-06.jpg     machiaruki2016326-04.jpg   
        日枝神社のムクノキの大木      帰りがけに見た旧川崎街道を
                                   示す看板

 川辺堀之内地区は現在区画整理事業が進行中で、日野の原風景といわれたかっての景色は
過去のものとなってしまったように思えました。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

開催前のPR

来る3月26日(土)、日野宿発見隊第69弾まち歩き会「谷仲山・川辺堀之内方面を訪ねて」を
開催します。
 2007年10月に訪ねて以来の谷仲山方面。
 川辺堀之内方面は区画整理事業が進行中でかなり変化しています。
 日野の原風景といわれた地域だけにその変化が気になるところですが、地元の方の話や
半世紀前の写真などを見ながら、春の一日をのんびり歩いてみませんか。

   集 合     日野図書館 9時集合
   コース     日野図書館→山下→谷戸→川辺堀之内(延命寺・日枝神社)
             ☆行程は約3時間
             ☆帰りはバス利用可
             ☆雨天中止
             ☆歩きやすい服装で
             ☆飲み物・雨具持参
   案内人     地元の方と日野宿発見隊メンバー
   募集人数   先着20名(中学生以上)
   募集期間   3月17日(火)から24日(木)
             (参加者に対して日野宿発見隊で保険に加入しますので、
              受付の際、氏名・住所・電話番号をお聞きします)
   申し込み先  日野図書館 電話584‐0467
            E-mail: info@hinoshuku.com お問い合わせ