まち歩き会「日野宿ミステリーツアー」を開催しました。

 平成29年12月2日(土)午前9時半から正午まで、日野宿発見隊第81弾まち歩き会
「日野宿ミステリーツアー」を開催しました。
 案内人は市内在住の建築家川崎和彦さん。
 加えていつものように説明補助者多数。

 今回は日野宿内にある旧家3軒に限定してのまち歩き会でした。
 1軒目が松本保家。
 松本さんは日野宿発見隊のメンバーにとってなくてはならない方です。
 日頃から日野宿についていろいろ教えていただいています。

 市内でも相当の古木である柿の木と、近隣の方と共同で祀っているというお稲荷さんなどを
見せていただきました。 

         matumototaku20171202.jpg matumototaku20171202-02.jpg  

 2軒目は佐藤元雄家。
 写真の家屋は、「男造り」の日野宿本陣に対し、「女造り」というそうです。                                         
     satouketaku20171202-03.jpg  satouketaku20171202.jpg

                  
               satouketaku20171202-02.jpg 
                   邸内に残る富士塚
  

最後は日野宿の東外れにある有山董家。
 佐藤彦五郎の四男彦吉さんが養子に入ったお宅で、日野宿から移設された「上段の間」を
見学させていただきました。
 有山家と言えば、御当主のご尊父有山崧さんは現在の公共図書館の礎を築かれた方です。
 普段は非公開のところを特別に見せていただきました。
 

      ariyamake20171202.jpg  ariyamake20171202-02.jpg                                                                   上段の間                                 
       
                    ariyamake20171202-03.jpg
                  美しい紅葉に目を奪われました

 初冬の半日、日野宿内に残る歴史の息吹を感じるまち歩き会となったようです。