「日野駅130年よもやま話の集い」(第91弾)を開催しました。

 令和元(2019)年8月24日(土)、午後5時から7時まで、森町のギャラリー&カフェ大屋にて、
「日野駅130年よもやま話の集い」を開催しました。
 来年開業から130年を迎える日野駅について、金子橋の大貫さんを初め、谷戸の谷さん、仲町の
猪鼻さん、そして西町の河野さんの4名(70代から90代)をお招きし、地元の皆さんから提供して
いただいた古写真を見ながら、日野駅にまつわるお話をお聞きしました。
 日野停車場でお召列車をお見送りした話や移設して間もない日野駅で起きた殺人事件の話など、
大変興味深い話が盛りだくさんでした。
 
 明治23(1890)年1月に開設された日野停車場。
 それから約半世紀後の昭和12(1937)年6月に現在位置に移設された日野駅。
 まちの人たちの願いを一身に受けて誕生し、私たちのまちの繁栄を支えてきてくれた日野駅。
 日野宿発見隊では来年の日野駅開業130年に向けて、いくつかお祝いの企画を準備中です。
 どうぞお楽しみに。 
 
     yomoyama20190824-01.jpg  yomoyama20190824-02_1.jpg