「甲州街道駅」用大型判子完成!

 平成28年4月23日(土)、甲州街道駅用の大型判子(直径約10センチ)が完成しました。
 今年のスタンプラリーから甲州街道駅も参加していただけることになり作製されたものです。
 日野宿発見隊メンバーの「人形の鈴藤さん」から提供された判子の柄もなくなったため、
 今回八王子市の業者に依頼し3本作ってもらいました。
 柄の塗装は、事務局で担当。砥の粉を塗って、下塗り1回、本塗り3回。
 素人の塗りとしてはまあまあのできでしょうか。
 5月7日(土)の新選組まつりで開催される「スタンプラリー in 日野宿2016」で
 お披露目となります。

               デザインは谷享司さんと井上博司さんの二人が担当
               彫りは事務局の石嶋が担当

                 hanko-koushuukaidou201604.jpg

「日野駅」大型判子完成!

 5月21日(木)、「日野駅」の大型判子が完成しました。
 白木をケヤキ色に塗装。
 ほかのものよりやや薄い色合いになりました。
 太さも若干小ぶりだったため、ゴム判のほうが少しはみ出てしまいました。
 来年の「うぉーくらりー in 日野宿」でお披露目です。

        hanko20150522.jpg     hanko2015052202.jpg  
 「うぉーくらりー in 日野宿2015」が盛況のうちに終わったばかりですが、来年に向けて
「日野駅」の大型判子を彫り上げました。

 5年前に、日野駅開業120周年記念式典用に作ったシールのデザインをもとに作りました。
 元の絵は現在オーストラリアに留学中の松元香奈枝さんがデザインしたものです。

 なお、同時に仲町にある「そば処ちばい」の判子も作りました。
 こちらのほうは店主の谷享司さんのデザインです。
 
 なお、両方とも、彫りは事務局が担当しました。
 「うぉーくらりー in 日野宿2015」で疲れ切った身体に鞭打って(?)
 「日野駅」はトレースから彫り上げるまで3日。
 「血梅」は今日1日で彫り上げました。

 大型判子用の取っ手のケヤキが残り1本となり、この貴重な白木にニスを塗ったあと、
このゴム版を貼り付けて完成です。来年にお目見え予定です。

                   hanko201505.jpg                               


 平成27年5月9日(土)午前10時から「うぉーくらりー in 日野宿2015」を開催しました。
 8時半に日野図書館に集合したスタッフは40名強。

 加地代表、篠田館長から挨拶ののち、事務局担当より詳細な説明。

 この間、各チェックポイントに机や椅子を運びにかかっていたところ、パラパラと雨が降ってくるでは
ありませんか。
 4回目にしてついに雨で中止か......。
 心中穏やかではない私とは裏腹に、スタッフは当然実施するのよといわんばかりに各ポインに
荷物を抱えて向かっていくではありませんか。
 えー、ほうとうに大丈夫?

 ところが、最初は小雨が降っていたのに次第に雨があがっていくではありませんか。
 ああ、なんてラッキーなんでしょう。

 土曜日の開催ということでどれだけお客さんが見えられるかととても心配でしたが、
なんと420名の参加がありました。
 「ギャラリー&カフェ大屋」が403名、「日野銀行跡(有山家)」が17名、計420人の参加が
ありました。

 宿内を楽しそうに歩く多くの観光客の皆さんの姿を見るのは準備した側としてはほんとうに
うれいし限りです。
 パレードだけではない新たな楽しみを見出していただけたのはないかと    

                  20150509-04.jpg          20150509-01.jpg   
           駅前案内板             小雨のところこんなに行列が......。     


     poster-all.jpg   20150509-02.jpg
     森町の消防小屋には新選組まつりの    猪鼻輪業の前にチェックポイントが
       歴代のポスターを展示しました。       小雨でも軒先があるので安心


     20150509-03.jpg      20150509-06.jpg   
     井上源三郎資料館前                   雨がすっかりあがり
         雨が上がらなかったならアウト!           たくさんのお客さんが
                                              来てくれました

                   20150509-05.jpg    
                     大昌寺山門前は  
                       最高のチェックポイント!       

 今年ももうすぐ新選組まつりがやってきます。
 日野宿発見隊では昨年に引き続き「うぉーくらりー in 日野宿」(スタンプラリー)を開催します。
 今年は5月9日、土曜日の開催となりますのでご注意ください。

  詳細はこちらの観光協会ページをご覧ください。
 
               hinoshuku201502_02.jpg

  チェックポイントは計14ポイントです。                           

      ギャラリー&カフェ大屋
      日野駅西側日野煉瓦案内板
      坂下地蔵尊(西の地蔵)
      宝泉寺
      八坂神社(今回から参加)
      渡邉家
      井上源三郎資料館
      とんがらし地蔵尊
      大昌寺
      日野図書館
      日野宿本陣
      佐藤彦五郎新選組資料館
      日野銀行(有山家)
      福地蔵尊(東の地蔵)
      
 ゴールは日野宿交流館の隣、井上家の車の出入口付近です。

 参加料は200円です。
 参加料をいただいた方には特製缶バッジを差し上げます。
 また、5ヶ所以上の判子をゲットした方には日野宿ならではのすてきな景品があたる抽選が
 できます。
 抽選会場はゴールの日野宿交流館脇(本陣前)です。
 
  
        開催日  5月9日(土) 午前10:00から午後4:30
          受付  ギャラリー&カフェ大屋(日野駅東) 10:00から15:00
          ゴール 日野宿交流館脇(本陣前)      10:00から16:30

           ☆井上源三郎資料館および佐藤彦五郎新選組資料館 11:00から16:00
            その他のポイント                                10:00から16:00

 平成26年(2014)5月11日(日)、3年続けて晴天の日野新選組まつり。
 予定の10時よりもかなり早い時間から受付を開始し、最終的には4時半近くまで「うぉーくらりー
in 日野宿2014」が開催されました。

 今回は日野駅東側の「ギャラリー&カフェ大屋」と日野宿東側入口付近の「日野銀行跡
(有山家)」の2か所で受付を行いました。
 スタンプ帳も500部、また景品にマンガ家のかれんさんオリジナル作画の特製缶バッジを用意し
て臨みました。
  
 おかげさまで、「ギャラリー&カフェ大屋」が271人、「日野銀行跡(有山家)」が55人、計326人の
参加がありました。
 今回は参加費として200円をいただきましたが、昨年以上の参加をえて大いに盛り上がりました。

 なお、ゴール地点にて「日野三鍔クッキー」を販売しました。
 若干残りがあります。まつりの当日日野にお出でになれず買いそびれた新選組ファンの皆さんで、
ご希望の方がおいででしたら事務局までご一報ください。
                            E-mail: info@hinoshuku.com お問い合わせ  

      ooya20140511.jpg   ooya20140511-2.jpg    

                 satouke20140511.jpg                       
 平成26(2014)年5月11日(日)開催予定の新選組まつりに、日野宿を再発見してもらおうと、
昨年に引き続き「うぉーくらりー in日野宿」(スタンプラリー 第57弾)を開催します。
 直径は90ミリ、持ち手部分は40センチ以上という超大型判子が売りのスタンプラリーです。

                 yasakasha20140317.jpg
                  今回できあがった八坂神社の判子   

     uketuke.jpg  housenji.jpg
                    昨年の一幕(受付と宝泉寺)  

 今年の新選組まつりも昨年のように甲州街道の川崎街道入口から日野駅東交差点までを全面
通行止めにしての開催です。よりいっそう回遊性のあるイベントを目指しています。

 今回は八坂神社が加わり、チェックポイントは計14ポイントとなります。

      ギャラリー&カフェ大屋
      日野駅西側日野煉瓦案内板
      坂下地蔵尊(西の地蔵)
      宝泉寺
      八坂神社(今回から参加)
      渡邉家
      井上源三郎資料館
      とんがらし地蔵尊
      大昌寺
      日野図書館
      日野宿本陣
      佐藤彦五郎新選組資料館
      日野銀行(有山家)
      福地蔵尊(東の地蔵)
      
 ゴールは日野宿交流館の隣、井上家の車の出入口付近です。

 参加料は200円です。
 参加料をいただいた方には特製缶バッジを差し上げます。
 また、8ヶ所以上の判子をゲットした方には日野宿ならではのすてきな景品があたる抽選が
 できます。
 抽選会場はゴールの日野宿交流館脇(本陣前)です。
 
  
        開催日  5月11日(日) 午前10:00から午後4:30
          受付  ギャラリー&カフェ大屋(日野駅東) 10:00から15:00
          ゴール 日野宿交流館脇(本陣前)      10:00から16:30

           ☆井上源三郎資料館および佐藤彦五郎新選組資料館 11:00から16:00
            その他のポイント               10:00から16:00

               hyoushi.jpg
 
  
 また、ゴールにて「日野三鍔クッキー」(兼定・秀國・康継のそれぞれの鍔を模した)の販売も
予定しています。値段は550円です。どうぞお楽しみに。
  
                               mitsuba20140506.jpg

八坂神社の大型判子が完成しました!

第二報
  本日3月17日(月)、八坂神社の大型判子が完成しました。

             yasakasha20140317.jpg

第一報
 一昨年から始まった「うぉーくらりー in 日野宿」(スタンプラリー)ですが、今年も新選組祭りで
開催する予定です。今回は八坂神社がチェックポイントに入ることになりました。

 そこで、本日、平成26(2014)年3月15日(土)、午前9時近くから自宅で作業にかかりました。

 まず、谷享司さんにデザインしてもらっていた図案を版画用のゴム判にカーボンで写し、その後
彫刻刀を使って彫り始めました。
 途中買い物に出かけた時間と昼食をとった時間以外は作業に専念。
 八坂神社の「八坂社」と両脇の「二品親王熾仁書」「明治七年秋九月」を最初に見たときにはか
なり厳しいのではないかと思いましたが、夕方5時近くで下の写真のようになんとか彫りあがりま
した。

       yasakasha20140315.jpg    yasakasha20140315-hanten.jpg 
          彫り終わったゴム判          反転したところ  

  今後このゴム判をケヤキの持ち手に貼り付ければ完成となります。
  スタンプラリーでお目見えとなります。お楽しみに。          

「ギャラリー&カフェ大屋」にて展示会
yago-all.jpg

「日野宿発見隊」(事務局:日野図書館):ケヤキ 平成21(2009)年6月
書:須永克彌 彫・塗:木村邦生
hinoshuku-hakkentai-kanban.jpg 

屋号看板「池田屋(谷克二家)」完成

最終報
 平成26年3月17日(月)、最終の上塗りが済み、午後には漸く屋号看板が完成しました。
 文字の部分と家紋の部分を浮き上がらせるという方法を始めてとりいれた今回の製作でしたが、
周りの部分を平らにするのが意外と難しかったです。
 22日(土)の運営委員会でメンバーに見てもらったあと、谷克二さんにお渡ししたいと思います。

               ikedaya20140318.jpg

第三報
 平成26年3月2日(日)、閉館後、いよいよ「家紋の凸部分」を白で色付け。
 しばらく使っていなかったので白色というよりもクリーム色に近くなってしまいました......。
 今週中にもう一度か二度上塗りできれば、来週以降に3回程度の表面の上塗りへ。
 3月中の完成に何とかこぎつけそうです。

               ikedaya20140302.jpg

第二報
 平成26年2月21日(金)、谷さんに彫りの具合を見てもらい、一部修整したのち、24日(月)
いよいよ塗りにかかりました。
 まずは表面にカシューで軽く上塗りし、3時間ほどたったところで、文字部分の色づけにかかり
ました。
 「池田屋」と「家紋の凹部分」を黒で色付け。
 本日はここで終了。

第一報
 平成26年2月1日(土)、谷享司さんにデザインしてもらった屋号名と家紋をケヤキの板に
トレース。

 翌日2月2日(日)より、いよいよ彫りを開始。
 今回は屋号名と家紋を浮き出させ、まわりを削り落とすという彫り方。

 約1週間、帰宅後、コツコツ彫ってようやく形が見えてきました。
 家のものにはかなり騒音になっていたかもしれませんが、約3年ぶりの彫りからの屋号看板
製作に心が躍りました。
 これから谷さんに状態を見てもらい、塗りの作業に入る予定です。

                 ikedaya20142011-2.jpg
 平成26(2014)年1月16日(木)の午後、埼玉県ふじみ野市から7名のお客さまが日野宿発
見隊の取り組みについて視察に来られました。

  日頃、市民活動支援センターで活動している市民の方々4名と市職員3名がいっしょにみえま
した。
 因みに、ふじみ野市は平成17(2005)年に旧上福岡市と大井町が合併してできた市とのことで
す。

 最初に、加地代表と事務局から日野宿発見隊の成り立ちや活動内容について説明し、その後
メンバーの皆さんから質問を受けました。

 皆さんは「おらんほう来ねかあ 大井郷」と銘打って大井宿についての学習会など進めているそ
うですが、今後の活動をより深めていこうとしているところで、偶然私たち日野宿発見隊の活動が
目にとまったとのことです。

 特に日野宿発見隊で取り組んでいる屋号看板の製作経過に大変興味を示されていました。
 地域を学ぶという日頃の活動内容は共に通じるところがあり、熱のこもった意見交換となりまし
た。

 ふじみ野市にはかっての大井宿という宿場があったこともあり、日野宿とは共通点が多く、今後
も会同士の情報交換を進めていこうとの話となりました。
 また、日野宿発見隊の事務局である日野図書館には街道や宿場などに関する資料を収集して
いるので、大井宿に関する資料など刊行される際は是非ご寄贈いただくことを会わせてお願いし
ました。
 その後、日野宿交流館の展示室を見学したあと、記念写真を撮ったあと皆さん帰途に着かれま
した。
 平成25(2013)年5月12日(日)、「うぉーくらりー in 日野宿2013」開催の朝、8時30分に
日野図書館に集合したスタッフ(ボランティアと日野宿発見隊メンバー)は、加地代表から挨拶を
受けた後、各パートに分かれ、10時スタートに向けいざ出陣。
 10時から甲州街道が通行止めになってしまうので、車で机やら椅子を運ぶ担当は冷や冷やもの
でした。

       chourei.jpg
    この日初めて判子を見たボランティアの方の中には、あまりに大きいのにびっくりされ、        
    ちょっとエキサイティングな場面も......。
    大判の判子12個の内、経費の関係で大きなスタンプ台が6個しか用意できませんでした。

                        uketuke.jpg
                   受付はギャラリー&大屋前。粋な日傘をセットしてもらいました。
                   10時のスタート前から行列ができ、有料のスタンプ帳が100部
                   だったのであっという間に品切れに。かなりのブーイング。
                   ひたすら謝るばかり。
                   無料のスタンプ帳も140部用意したのですが、これもじきになく
                   なってしまい、本当にご迷惑をおかけしました。

         housenji.jpg 
        宝泉寺の山門前に陣取った加地代表。
        ここは結構涼しかったようです。
        宝泉寺は今年からの設定です。
        判子は「持ち上げ観音」のイメージ。

                          hinorenga201305.jpg  
                        今回のチェックポイントでも一番西側になった
                        日野駅西の日野煉瓦橋(?)付近。
                        日除けもなく暑いなか奮戦中。
                        ボランティアさん、若い女性が多いのに少々驚いたようです。

 日野銀行跡(有山家)でのハプニング。
 有山家のS君とK君が午前中手伝ってくれたのです。
 その上、午後にはご当主まで顔をだされ、たまたま訪れた女性5人が通常は非公開の
 「上段の間」(新選組ファンならご存知の)を見せていただく幸運を得たのです。
 見学させていただいて戻ってきたかの女性たち、とても感激していました。
 こうした光景に接することができただけでも、開催して本当によかったと思います。
          
 今回のゴールは日野宿交流館のすぐ隣のスペースにセッティング。
 有料参加者には「兼定」の鍔をあしらった特製クッキーを1個進呈。
 さらに佐藤彦五郎新選組資料館や井上源三郎資料館などから提供いただいた
 豪華景品の当たる抽選をしていただきました。
 その中でも、そば処ちばいの谷享司さんから提供いただいた「歳三の竹ストラップ」を
 ゲットした息子さんとお母さん、帰り際に受付に立ち寄られとっても喜んでいたそうです。
 なお、今回試みた「日野の三鍔クッキー」の方も、コアな観光客の皆さんに好評でした。 

                 bisketto.jpg    poster20130512.jpg    
 平成25年5月12日(日)開催予定の「うぉーくらりー in 日野宿」用に新たな特製判子を製作
しました。

 今回製作したのは井上源三郎資料館、大昌寺、宝泉寺、渡邉家の蔵、日野宿本陣の5つです。
 日野宿本陣については昨年は日野市観光協会より判子をお借りしましたが、今回は独自に製作
しました。

 下の写真には佐藤彦五郎新選組資料館の判子が入っていませんが、それも日野宿発見隊が
依頼を受け製作したものです。

 今回製作したものを含め12点のラインナップです。デザインはともかく、彫りは素人のものです
のでプロのようにはうまくいきませんが、そこはご愛敬。

 判子のサイズは直径約95ミリ。各施設の特徴をデザインしてもらい、彫りこんだゴム版を日野宿
発見隊メンバーの人形店「鈴藤」さんからいただいたケヤキの木に張り付けたものです。
 なお、このケヤキの木はかつて人形の武者飾り用の矢筒に使っていたものとのことです。

    井上源三郎資料館   デザイン:入野祐子・谷享司     彫り:石嶋
    大昌寺           デザイン:谷享司            彫り:石嶋
    宝泉寺           デザイン:松元香奈枝          彫り:石嶋
    渡邉家の蔵        デザイン:谷享司             彫り:石嶋
    日野宿本陣        デザイン:谷享司             彫り:石嶋

    hanko201305.jpg
 平成25(2013)年5月開催予定の新選組祭りに、今年も「うぉーくらりー in 日野宿」を
開催します。
 
   hako201205.jpg  昨年のポスター

 今回の新選組祭りは日野市制50周年と新選組結成150周年を記念して、甲州街道の川崎街道
入口から日野駅東交差点までを全面通行止めにして、いつもとは一味違うイベントとなるそうです。

 日野宿発見隊では昨年に引き続き、日野宿を再発見してもらおうと、今年も「うぉーくらりー in
日野宿」を開催します。
 今回はチェックポイントも大昌寺、宝泉寺、渡邉家の3か所を増やしました。
 またゴールを宿内の日野宿交流館としました。
 参加料200円をいただいた方には兼定の鍔をあしらった特製のクッキーと日野ならではの景品
のあたる抽選ができます。
 もちろん無料での参加も可能です。ただし景品はでませんが、参加賞は差し上げます。
 
        開催日  5月12日(日) 午前10:00から午後4:30
          受付  ギャラリー&カフェ大屋(日野駅東) 10:00から15:00
          ゴール 日野宿交流館(本陣前)       10:00から16:30

           ☆井上源三郎資料館および佐藤彦五郎新選組資料館 11:00から16:00
            その他のポイント原則            10:00から16:00


  walk rally2013.jpg
 


 平成24(2012)年11月13日(水)、甲州街道沿いに蕎麦処ちばいの看板が設置されました。
 後ろの仲宿薬局の雰囲気にとてもマッチした感じです。
 同看板の製作は御亭主の谷さんですが、上塗りは報告者がボランティアで手伝っただけに、
ちょっぴりうれしいです。
 観光客の皆さん、是非蕎麦処ちばいにお越しください。

chibai20121114.jpg  chibai20121114-2.jpg

北原のとんがらし地蔵尊扁額が完成

 平成24(2012)年10月13日(土)、北原のどんがらし地蔵尊の講中のみなさんより製作を
依頼されていた新お堂に架ける扁額が無事完成しました。
 
 彫りは谷享司さん、塗りは石嶋が担当しました。
 10月2日(火)、谷さんに板を届けてから10日ほどで完成。かなりのハイペースでした。
 彫りを担当した谷さんによれば、彫り具合からして板はケヤキではなくタモ材ではないかとの
ことですが、ともあれ、何とか間に合って一安心です。

  kitabara-meiban.jpg  kitabara-meiban-ura.jpg

 この勢いで「池田屋」も彫りだしましょうか。

看板製作再開 第二報

 第二報
   8月9日(木)、日野宿本陣文書検討会の看板が完成しました。
   依頼を受けてから大分かかりました。
   ちょうどこの看板があがったところで、北原のとんがらし地蔵の看板製作の依頼が入りました。
   10月には新御堂が完成するとのことで、それまでに作って欲しいとのこと。
   さあ、頑張らないと。

                monjo20120809.jpg

第二報
  今日、6月15日(金)、谷享司さんが彫り上がった看板を事務局に届けてくれました。
  これは日野宿本陣文書検討会から依頼された看板です。
  当初、Мさんが製作中だったものを、事情により谷さんが引き継いで彫りあげたものです。
  この後、カシューで軽く上塗りして、それから文字を色づけする予定です。
  この形、何だかわかりますか。
  できあがってからのお楽しみといったところでしょうか。

                            monjo.jpg

 平成24年5月13日開催した「うぉーくらりー in 日野宿」用に今回6個の特製判子を作りました。
 デザインは谷享司さんと松元香奈枝さん、ゴム版の彫りこみは特別協力者の井上典子さんと
入野祐子さんがそれぞれ1個ずつと、事務局の石嶋が残り4個を担当しました。

 ゴム版は木と違いなかなか彫りにくいものです。思うように線が彫れなかったことや、デザイン
をうまく表現できず、報告者石嶋は4枚ほど無駄にしてしまいました。反省。それでも、やりだすと
止まらないといったところで、十分楽しませてもらいました。

 ☆谷さんの指導を受けながら製作中の入野さんの様子はこちらをご覧ください。 

 今回製作した判子は

   福地蔵尊(東の地蔵)     デザイン:谷享司     彫り:井上典子
   坂下地蔵尊(西の地蔵)   デザイン:谷享司     彫り:入野祐子
   日野銀行跡           デザイン:谷享司     彫り:石嶋    
   とんがらし地蔵尊         デザイン:松元香奈枝  彫り:石嶋   
   日野煉瓦橋           デザイン:谷享司     彫り:石嶋   
   ギャラリー&カフェ大屋    デザイン:谷享司     彫り:石嶋

                hanko2012.jpg
   
 平成24年5月13日開催予定の「うぉーくらりー in 日野宿」用の特製判子、ただ今製作中です。
 
 現在のところ、「ギャラリー&カフェ大屋」「日野銀行跡」「とんがらし地蔵」「日野煉瓦橋」の4つが
できあがりました。

 あとは、「坂下地蔵尊(西の地蔵)」と「福地蔵尊(東の地蔵」の2つ。
 製作は井上さん、入野さんのお二人です。
 
 下の写真は師匠の谷享司さんの指導の下、製作に挑む入野さんです。

           seisaku01.jpg seisaku02.jpg     

 なお、2年前にJR主催のスタンプラリーのときに製作した「日野市立日野図書館」と「佐藤彦五郎
新選組資料館」の判子がありますので、計8点の特製判子が揃います。
 今回の「うぉーくらりー in 日野宿」 には、これに「井上源三郎資料館」と「日野宿本陣」のスタンプ
も加わります。

 参加する皆さんには是非10個の特製スタンプを集め、日野宿オリジナルの景品を当てていただき
たいと思います。

 本日、日野駅前に「うぉーくらりー in 日野宿」開催案内の看板を設置しました。      

仲宿薬局の看板に注目!

 平成23(2011)年12月1日(木)、日野図書館の斜向かいに「仲宿薬局」という薬屋さんが
オープンしました。

 かつての日野宿の面影を今も残す「藤屋」(佐藤元雄家)の門脇に立つ建物が、ここで改修され
薬屋さんとして生まれ変わりました。

 日野宿発見隊では屋号看板の再生に取り組んでいるところですが、この薬屋さんのように
景観を考慮していただけるとほんとうにうれしい限りです。

     nakashuku-yakkyoku2.jpg nakashuku-yakkyoku.jpg

そば処ちばいの看板

 平成23(2011)年9月、そば処ちばいに真新しい看板がお目見えしました。
 店主の谷享司さんお手製の看板です。

       110923_1007~01.jpg

 店の名前の「ちばい」は新選組局長近藤勇にまつわるものだといいます。
 詳しくはおそばを食しながら谷さんからお話を伺うのが最良かと存じます。

屋号看板「鑰屋」(谷享司家)完成

 平成23(2011)年8月、屋号看板「鑰屋(かぎや)」が谷享司家所有のアパートKAGIYAの
自転車置き場のところに取り付けられました。ご覧ください。    

            kagiya05.jpg    kagiya04.jpg

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

平成23(2011)年2月、日野宿仲町、谷享司家の屋号看板「鑰屋(かぎや)」が完成しました。

 依頼を受けてから間もなく、製作者が肩をこわしたため(五十肩?)完成までにかなり時間が
かかってしまいました。

 「鑰屋」の「鑰」の字は略字です。
 本体及び書体のデザインは谷享司さん。
 彫りはV字彫りで、塗りも含めて石嶋が担当しました。
 依頼者の色指定を間違えて、でき上がるまでに手間どってしまいました。
 材料は針葉樹です。

 この看板はまだ設置場所が決まらず、現在、そば処「ちばい」(谷享司家)の玄関先に飾られて
います。地元の方にとどまらず、全国から訪れる新選組ファンの方々にも目にとまってくれれば
うれしいものです。

    kagiya00.jpg  kagiya.jpg  
                         色塗り前                   色塗り後 

               kaigiya03.jpg
             そば処「ちばい」の玄関先に飾られた看板              

仲田小学校校名板贈呈式

 平成23(2011)年3月24日(木) 
 仲田小学校の終業式にて、完成した校名板のお披露目式に製作者の落合等さんほか、滝本代表、
加地さん、渡辺、石嶋の4名で出席してきました。

 体育館の壇上に招かれ、千代谷和紀校長先生からご紹介いただいた後、子どもたちに看板が
お披露目されました。
 
 この後、滝本代表から 「校名板に使われたこの楠の木は日野一中にあった木で、校舎建て替
えにともない、やむなく伐られましたが、何か記念になればと考え、地元の材木屋『マルセ』のご
厚意で製材していただき、昨年の日野一小に引き続き、今年、仲田小の校名板として生まれ変わ
りました。どうか皆さん大事にしてあげてください」との挨拶がありました。

                nakada04.JPG

 続いて、製作者の落合さんから、「楠の木はかなりにおいのある木なので苦労しました。どうか
この校名板をおじさんだと思って、いたずらなどしないで大事にしてほしい」など、製作中の苦労話
や子どもたちへのお願いを話されました。

                 nakada-kanban02.jpg   nakada-kanban01.jpg                    

特製大型、小型判子誕生

 日野宿発見隊では、現在、宿内の屋号看板を制作中ですが、平成22(2010)年5月の新選組
まつりに際して行われたスタンプラリー用に<写真向かって左>のような、直径95ミリの大型判子
と、同時に佐藤彦五郎新選組資料館の判子も彫らせていただきました。素人の彫り(生まれて初
めての体験)で少々気恥しいところもありましたが、当日は新選組まつりで日野を訪れた観光客の
方々にも大いに喜んでいただけたようです。

 なお、大型判子の印章部分はゴムで、本体部分は「人形の鈴藤」さんからいただいた、人形用
の矢筒に用いられたというケヤキ材をそのまま使いました。

 その後、余勢をかって<写真向かって右>のような直径55ミリの小ぶりの判子も制作。この
判子は日野図書館所蔵新選組関係の資料に蔵書印として使われることになりました。

      hanko.jpg    satou-hanko.jpg 
                 日野図書館大判と蔵書印                 佐藤彦五郎新選組資料館

             hanko01.jpg       hanko02.jpg 
                    スタンプラリー用に             蔵書印に  
                  

屋号看板製作の参考のために情報収集中

 日野宿発見隊では、現在、宿内の屋号看板を制作中ですが、その参考にと、宿内のご家庭に
残る徳利や器などを見せていただいています。

 平成21(2009)年6月5日(金)、松本保さん宅に残る「阿ふぎ也」(おうぎや 馬場弘融家)の
一升徳利を見せてもらいました。

                 ougiya01.jpg   ougiya02.jpg     
                       一升徳利
                     
 平成21(2009)年7月8日(水)、下の写真は「大村屋」(志村家)の屋号看板。通りから奥
まったところにある物置にとりつけられ今もひっそりと残されています。
 こういう秀作を是非復活させたいものです。

                       oomuraya.jpg
                     大村屋(志村家)         

日野第一小学校校名板贈呈式

 平成22(2010)年2月10日(水)、日野一小体育館にて、日野宿発見隊寄贈の日野第一
小学校校名板贈呈式が行われました。当日は製作者の落合等さんをはじめ、日野宿発見隊の
滝本代表、渡辺日野図書館館長など数名が招待され、全校生の前で校名板がお披露目されま
した。

 この校名板の板は、日野第一中学校の建て替えに伴い、安西清さん経由で、校庭にあった楠
の木を譲り受け、マルセの宮崎さんのご厚意で製材していただいたものです。

 製作者は同校卒業生の落合等さん(下町在住)です。落合さんの曾爺さんは同校が寺子屋とし
て開かれたときの最初の先生だった落合斎さんです。板材もさることながら書体といい、日野宿の
名門小学校の校名板にふさわしいものとなりました。

    isshoukanban00.jpg  isshoukanban01.jpg 
                                   製作者の落合等さん

   isshou-kanban.jpg  isshoukanban04.jpg 
   左から谷享司さん、馬場元喜PTA会長、渡辺館長、
   落合等さん、滝本代表、副校長、小杉校長、
   安西清さん、小池亮一さん
                     右の写真は校名板の裏側につづられた由緒書き             

「日野駅」駅名看板製作

 日野宿発見隊では現在、宿内の屋号看板を復活させようと製作に取り組んでいますが、
ちょうど平成22(2010)年1月は日野駅開業120周年にあたり、日野宿発見隊として日野駅
看板を送ろうということになり、谷享司さんが製作し、1月11日(月)に開催された記念式典
おいて日野駅関係者を初めとする地域の皆さんにお披露目されました。

 材はケヤキ、書体デザイン及び彫・塗も谷享司さん。
 谷享司さんの家の屋号は「鑰屋」です。
 父春雄さんは建具屋を生業とし、その傍ら郷土史家としても大変活躍された方で、新選組にも
造詣の深い方でした。
 谷享司さんもお父上のDNAを見事に継いで、さまざまな分野で才能を発揮されています。 

      hinoeki-kanban01.jpg  hinoeki-kanban.jpg 
       カシューによる          完成して日野駅に設置された看板 
          上塗り中の谷さん                   

屋号看板「青林堂」(真野家)製作

 日野市日野本町二丁目交差点角にある真野家はかつてお菓子屋を営んでいたそうです。
 ちょうど「大門通り」の入口角にあります。屋号は「青林堂」。

 板はケヤキ。
 最初、板に直接墨で文字を書いて失敗したため、改めて表面を削りなおし、書体も篆刻文字に
しました。

 書のデザインは谷享司さん、実際の彫り(平彫り)と塗りは谷さんの指導のもと、石嶋が行いま
した。

 平成21(2009)年12月末に完成し設置しました。

   seirindou-uwanurimae.jpg   seirindou-uwanurigo.jpg
       文字の色塗り後            カシューによる上塗り中

                               seirindou-toritsuke.jpg 
                        取り付け後   

「要塞屋」って看板にお気づきですか?

 日野図書館前にある猪鼻輪業に「要塞屋」という看板がかかっていのにお気づきでしょうか。

 店主の猪鼻洋助さんによると、おじいさんの要吉さんは日清・日露戦争に出兵したそうです。
 特に日露戦争では203高地の戦いで要塞砲兵として従軍したそうで、戦後、郷里の埼玉県
東松山で一時期、要塞屋と名乗っていたとのこと。

 今回、日野宿発見隊が取り組んでいる屋号看板製作に協賛し、桐の板を使ってこの「要塞屋」
を復活させたということです。
 題字は佐藤喜通さんに書いていただき、彫は猪鼻洋助さんがご自分でなさったそうです。

     inohana.jpg inohana02.jpg

 今ではあまり聞かれなくなった「屋号」を数年かけて再生しようとの取り組みを進めています。

 文字を書く人、彫る人、塗装する人...、製作に関わる人はほとんど素人ですが、町に活気を取り
戻すための起爆剤になればとの思いが、一枚一枚に込められています。

 是非、写真パネル同様楽しんでいただければ幸いです。

 なお、「我が家の屋号も作って欲しい」という方は大歓迎ですので事務局までご一報ください。

 ☆屋号看板を製作にあたり、発見隊のメンバーでマルチ才能の持ち主、谷享司さんに指導を
  受けながら取り組んでいます。  

 ☆これまでに完成した屋号看板

      


屋号看板製作過程(第18弾)

 板の買い出し(南多摩林産:八王子市元本郷町4丁目6−9)

     
   
                        

製作風景

          
               塗装