日野宿発見隊誕生 ―まちの中へ図書館を―


 日野図書館は日野市立図書館の分館の一つです。甲州街道日野宿の中心、歴史あるまちに佇んでいる小さな図書館です。地域住民に役に立つ図書館でありたい! そんな思いから本を並べて待っているだけではなく、外へでよう、まちをみつめ直そう、と「日野宿発見隊」を結成しました。近所一軒一軒を訪ね歩き、メンバーを募りました。床屋さん、自転車屋さんと次々にメンバーになってくれました。平成18(2006)年6月のことでした。

 毎月のスタッフ会議はまちの自慢話に花が咲き、あそこにはこんなものがある、今度はあの家を訪ねてみよう、などと話しがつきることなくどんどんアイデアも広がっていきました。こどもにもこのまちを知ってもらおう、お年寄りから昔の話しを聞こうなどと出された意見を一つ一つ形にしていきました。どの活動も広報などで広く呼びかけ、多くの人に参加してもらいました。

                 スタッフ会議

スタッフ会議

 @ 「まち歩き会」 これは発見隊の基本となる活動です。
 春と秋の年2回、旧日野宿とその周辺地区を訪ねています。春にはカタクリの花や梅の花、秋には紅葉と季節の風情を楽しみながら、普段は見られない旧家の屋敷や庭園を間近に見ることができます。また同時に長年暮らす土地の方々から直接話しを伺えるのも、この「まち歩き会」ならではの特徴です。

                 四ッ谷の地蔵堂見学

四ッ谷の地蔵堂見学

 A 「写真展と座談会」の開催
 このまちにはたくさん古い写真が残っていました。昭和12(1937)年、当時の有山町長の工場誘致でやってきた小西六日野工場(現コニカミノルタ)の操業が関係していたのです。日野宿からもたくさんの人が働いていました。そんな普通の人が普通に撮った日常のヒトコマが今となっては大変貴重な資料となっていたのです。この写真をもとに、撮影した人やまちの人に集まってもらい座談会を開きました。思い出話はつきることがありませんでした。
 また、平成20(2008)年5月からは提供いただいた写真を「まちかど写真館 in ひの」と銘打って、町のなかに、撮影当時と同一場所に写真パネルとして展示する試みを始めました。この企画はテレビ朝日の「ちい散歩」でも取り上げられるなど大きな反響を呼びました。以後、「北原・四ツ谷」「日野用水」「日野駅」「谷仲山」「八坂の祭り」と次々に開催されています。

                  日野宿交流館での座談会

日野宿交流館での座談会

 B 「こども発見隊」 「こども横丁」「夕涼み会(夏まつり)」
 まちのお宝とは何だろう? こどもたちにそんな問いを投げかけ、こども版まち歩き会を開催しました。またこのまちにとって大切な遺産である日野用水での水遊びにも挑戦しました。今もなおたくさんの魚やいきものが棲んでいることに驚きました。 また発見隊のメンバーでもある日野市立日野第一小学校の小杉校長先生の提案を受け、大昌寺の全面協力を得て、同駐車場をメイン会場に紙飛行機や水鉄砲作り、ベーコマ遊びなど昔遊びを楽しむ「こども横丁」を再現しました。一方、ふれあい商店会と共催で、日野囃子保存会の祭囃子や夕照会の三味線の生演奏の後、これまで収集してきた半世紀前の写真や映像を上映し、昔ばなしに花を咲かせた夕涼み会(夏まつり)も開催しました。

                ふれあいこども横丁:ひのっちみこし

ふれあいこども横丁:ひのっちみこし

 C 「八坂神社の祭り展示」
 古い商家の趣を今に残す森町の志村宅をお借りして、平成20(2008)年5月、八坂神社の祭りの写真を展示しました。また同年9月八坂神社例大祭にあわせて、八坂神社ほか祭り関係者の協力を得て、祭り半纏やポスター展を開催。同時に八坂神社の玉垣に、古くは明治30(1897)年頃のものから現在に至る祭りの写真25枚を展示。折しも約130年ぶりに総修理された宮神輿の慶事に花を添える形となり、道行く人たちに大いに楽しんでもらいました。


                 八坂神社玉垣に展示した写真

八坂神社の玉垣に古い写真を展示

こんな取り組みも… アイディアは尽きません!


 「うぉーくらりー in 日野宿(第41弾)」開催(2012年5月)

 新選組祭りに日野を訪れる皆さんに、10か所のポイントに用意した特製スタンプを集めながら、日野宿の新たな一面を発見してもらおうと「うぉーくらりー in 日野宿(第41弾)」を開催しました。手作りの特製スタンプと参加賞の歳三愛刀「兼定の鍔」を模したクッキーが大変好評でした。

        hyoushi.JPG    shashishu.jpg
 
 『まちかど写真館 in ひの』第二集刊行(2012年3月)

 3年ぶりの刊行となった第二集ですが、今回は日野市からの作成委託を受けて1,000部刊行となりました。構成は第一集とほとんど同じ形式ですが、今回は日野宿(日野本町地区)に加え、東光寺、
四ツ谷、谷仲山、万願寺など、いわゆる枝郷の地区の写真も掲載しています。明治から平成の写真、約80点に現在の写真を対置し、日野のまちの移り変わりを見ていただける内容です。

            hyoushi.JPG    shashishu.jpg
 
 『絵本『ひのっ子日野宿発見』刊行(2011年1月)

 独立行政法人国立青少年教育振興機構による「平成22年度地域ぐるみの子ども読書 活動推進事業」の委託を受け、地域の小学校、中学校、PTA、商店会など多くの方々のご協力をえて『ひのっ子日野宿発見』を刊行しました。

 


 『日野駅よもやまばなし 「まちかど写真館 in ひの −日野駅−」プレミアム』刊行(2010年5月)

 平成22(2010)年1月、開設120周年を迎えた日野駅の明治から昭和の写真をもとに、地元の方々から貴重なお話を伺いました。参加者のなかには90歳を超えた女性もおり、当時の愉快な話もありました。この記録集は日野市内の図書館で借りられます。

 


 『
まちかど写真館 in ひの −北原・四ッ谷− ツアー』刊行(2010年4月)

 北原、四ッ谷地区に貼り出した写真パネルを見て回りながら、地元の方々から撮影当時のお話を伺ったツアーの記録集です。日野市内の図書館で借りられます。

『「まちかど写真館 in ひの −北原・四ッ谷」ツアー』表紙   『まちかど写真館 in ひの −北原・四ッ谷−」ツアー』内容


 
日野駅開業120周年記念行事開催(2010年1月)

 日野駅が開設されて120周年を迎えた平成22(2010)年1月、これを記念して地元の人たちといっしょにお祝いの行事を開催しました。

「まちかど写真館ひの −日野駅−」 日野駅名看板


 用水清掃(2009年11月

 日野宿は用水のまちです。この大切な遺産を守るために日野駅近くの上堰用水や一中脇の用水清掃に取り組みました。あまりのごみの多さにただ驚くばかりでした。

用水清掃:日野駅北 用水清掃:一中脇


 『
「まちかど写真館 in ひの」ツアー』刊行(2009年4月

 日野駅から甲州街道沿いに約600メートル、川崎街道入口までの道沿いの商店や家々の軒下に、今から約50年前に撮られた写真を、撮影当時の場所に写真パネルとして飾った「まちかど写真館」。その開催期間中の6月7日、撮影者の松本保さんをはじめ、地元の方の解説つきで、その33点の写真を見て回ったときの記録集です。日野市内の図書館で借りられます。

『「まちかど写真館 in ひの」ツアー』表紙


 『まちかど写真館 in ひの』刊行(2009年3月)

 平成20(2008)年5月から9月にかけて開催した「まちかど写真館 in ひの」で、日野宿のまちかどに展示した写真を中心にまとめた写真集です。日野宿発見隊の取り組みについても紹介しています。現在品切れですが、日野市内の図書館で借りられます。

『写真集まちかど写真館 in ひの』表紙 『写真集まちかど写真館 in ひの』内容


日野のむかしを語り合おう!』刊行(2007年9月)

 平成19(2007)年5月12日より「日野宿今・昔」として展示した写真をもとに、写真撮影当時の様子を写真提供者を中心に地域の方々からお話いただいたものをまとめたものです。日野市内の図書館で借りられます。

『日野のむかしを語り合おう!』表紙 『日野のむかしを語り合おう!』内容